2018年02月10日

微妙なサイズ違い

 多パレの5軸にワークが満載で休日なのに機械の方は頑張って稼働中。自分は子供とひつじのショーン見ながら、たまに飛んでくる定期メールで順調に進んでいる事を確認。

 40枚あるパレットに今日は8種類のワークがセットしてありますが、中には微妙にサイズの違う類似部品とかもあって、取り付ける材料を間違えるとまずい物もあります。

 そういう時の対処方法としては、一層のこと全部同じ材料サイズに揃えてしまうというのもありかと思います。複合旋盤の方では段取り替えを削減する為にちょっとしたサイズ違いは大きい方に合わせてしまったりしています。

 うちの場合、多パレの5軸機は基本的に材料の自動計測をしてから加工に入るようにしているので、その段階で材料サイズの間違いはエラーとして処理出来ますが、エラーにして払い出すのだと加工が進まないのでもったいないですよね。まぁでもまずは安全第一。

 で、どうせなら材料のサイズに合わせて加工プログラムを選択するようにすれば、材料の手配数を間違わなければ必要な方が必要な数だけ作れて、加工プログラムの登録も1つで済むので便利かも、と思って実践してみました。まぜこぜで材料付けても正しい方を加工してくれるのでちょっと楽しい。

 そもそもMAMのパレット管理画面はちょっと操作性が悪くて、加工プログラムの登録変更は若干面倒なんですよね。

 微妙なサイズ違いって人間には分かりづらいですが、数値で判定する機械に任せると間違いが防げるので、こういうやり方もありかも〜と思った次第。

 他には材料もプログラムも1本にしておいて、マクロ変数で作る数を管理するとかも考えられますね。一応機械の純正機能としてMコードカウンタもありますし。


【検査・測定の最新記事】
posted by antec at 09:58 | Comment(0) | 検査・測定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

DLC転造タップ その2

 先週特注のタップ DLC コーティング品が届いたんけど、ちょうど納期に追われててテストどころじゃ無かったのでようやく今日デビュー。なかなか良い具合だ。

 そことは別に OSG さんにもコーティングのご相談をしてみたけど、上手く行ったり行かなかったりで時の運だよ的なお話。まぁそれでも良いから何種類か注文してみた。

 舶来品の DLC コーテッドタップについては Emuge と Widia のを実践投入中ですが今のところは良好。まだそんなに数行ってないけど。Sandvik は見積もり取ったら結構高かったので今回はパス。

 Widia のカタログ見てても下穴径の表が見つからなかったけど、基本的に OSG の NRT と同じで良いっぽい。

 一方 Emuge はちょっと違って、OSG の表よりやや大きめの下穴にしておかないと、タップ後の内径が小さくなってしまうようだ。Emuge のカタログに推奨下穴径が載ってて大きいなぁと思ってたけど、確かにその通りだった。

Emuge_Thread-hole-preparatory-diameter-for-cold-forming-taps.png
Emuge 転造タップ下穴径

150J-2 Cold forming .pdf P.321

 でもお陰でM3でφ2.8とか、M4でφ3.7などの0.1飛びサイズに合う物があったりして、使えるドリルが増えて良いかも。日立の SD が使えるし。

 個人的には Emuge はありかも。

タグ:工具 ねじ

posted by antec at 20:31 | Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

S500X1

 M140に続いて再びBrotherの機械が入りました。今度はS500X1

 今までタッピングセンターでは工具長測定にBIGのベースマスターを使っていましたが、M140では工具折損検出装置を利用して測るようにしました。小型の5軸機はワークを取り外さないとテーブルにベースマスターを置くような空いたスペースが無いので。

 これが中々好評なのでS500X1にもオプションを付けておいたのですが、ちょっとこちらの方はそのままでは工具折損検出の役割にしか使え無さそうな状態。

 具体的に言うとセンサーを取り付けているステーが板金で華奢なのと精度が出ていないので、測定子の水平が出ていないのです。それもわずかφ3の範囲でコンマ台の傾き。そりゃ〜ないでしょう。

 もちろんこんな状態でも工具折損検出くらいには使えると思います。オプションの名目も『工具折損検出装置』ですから、クレーム付けた所で相手してくれないでしょう。

 という訳でそのままではこちらの目的としている工具長測定装置として使えませんが、かと言って折損検知だけで我慢する事も出来ないので、何とかして目的が果たせるように改善を図る事にしました。

 まず板金をテーブルのT溝にM10のキャップ1本で止めていますが、板金が薄すぎて曲がってしまっています。そのせいでセンサー付近をちょっと揺するとふにゃふにゃ。

 これをどうにかする為に、M10の狭い範囲で締め付けるのが問題と見て、ブロックを噛まして出来るだけ広い面で押さえつけるようにしました。これだけでもかなり剛性はUPします。

S500X1_Tool_Breakage_Detection_Sensor.jpg
工具折損検出装置

 続いて測定子の水平ですが、板金の精度が悪すぎてシムを噛まして何とか出来る様な気がしなかったので、仕方がなくプライヤーで曲げ曲げしながら根気よく水平が出るまで調整しました。柔な作りだと却ってこういう操作は楽ですね。いつまで精度維持出来るか分かりませんが。

 やれるだけ調整してみて、それでもダメだったらステーを削り出しで作り直そうかと思っていましたが、まぁ何とか使えそうな状態にはなったので、暫くこれで運用してもらってそれでもやっぱりダメだなぁとなったら改めて考える事にしました。


 因みに本来このセンサーはテーブルの左奥に設置されていますが、バイスを2連にしているとバイスの固定側口金のすぐ左隣にセンサーが来るので、フェースミルでセンサーを削ってしまわないか心配になります。

 幸いうちでは小物が主体なので、テーブルの前の方に移設した方が普段の加工の邪魔にならなさそうだったので設置場所も移してみました。こういう融通が効く所はDIYの利点かも。

タグ:工作機械

posted by antec at 20:54 | Comment(0) | 工作機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする