2016年12月09日

G10による高速書込み

 とある機械というかまぁぶっちゃけ松浦なんですが、メーカー独自の高速加工機能としてIntelligent Precision Control(高速高精度加工支援機能)というものがあります。FANUCのAI輪郭制御などにもありますが、加工内容に応じて加工速度や加工精度の調整を行えるものですが、ちょっと困った事がありまして、こいつで加工レベルを切り替える時にちょっとだけ処理待ちのウェイトが入ってしまいます。

 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、このIPCのモード切替に使用するGコード『G131』を指令すると、内部的にはプログラマブルパラメータ入力(G10L50/L52)を使ってサーボ関係のパラメータを書き換えるという処理が行われます。どうしてそんな事が分かるかというと、G131実行中のあるタイミングでアラームが発生すると、G131の中身のプログラムが画面に表示されてしまう事があったからです。ソフトのバージョンアップのお陰で最近は見かけなくなりましたが。

 そしてFS31i-MBのプログラマブルパラメータ入力の処理が何故だか知りませんが遅いので、書き換えるパラメータが多いとどうしてももたついてしまうのです。

 確認の為にマクロのタイマーを使ってG131の処理時間を計測してみると約1.3秒掛かっていました。まぁ大した時間ではないのですが、機械の前に立って見ていると何となくイライラします。

 さて、先日黄色いパラメータ説明書を眺めていましたら素敵なパラメータを見つけました。

4.109 プログラム関係のパラメータ(その3)
11502 #4 PSU プログラマブルパラメータ入力(G10L50/L52)を、
0: 通常の速度で実行します。(従来仕様)
1: 高速実行します。

FANUC Series 30i,31i,32i-MODEL B パラメータ説明書 B-64490JA/04

 試しに高速仕様にしてG131の処理時間を測ってみたら0.8秒くらいになりました。約0.5秒の短縮です。

 わざわざ従来仕様を残しているのには何か理由があるはずです。FANUCに聞いてみた所、処理時間が変わる事でタイミングの調整が必要になる場合が無きにしもあらずなので、との事でした。一方機械メーカー様からは、まだ十分に検証が出来ていないのでお客様の判断にてご使用下さいとの事でした。

 そういう事であれば喜んで人柱になりましょう。


 パラメータを変更する事で支障があるかどうかは機械によりけりだと思いますが、日頃G131おせ〜!と感じている方や、他社の機械であってもG10L50/L52を多用している場合には試してみると、もしかしたら幸せに成れるかも知れません。自己責任にて。

タグ:制御装置

posted by antec at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 工作機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

消耗戦

 単体ではよく分からないかも知れませんが、このリード線の被覆、ちょっと茶色っぽく変色してますでしょ?本来ならもっと白いんですよ。

KP320.jpg
LY2N-D2 24VDC

 これ、5月に交換したばかりです。なのにもうこんな状態。やはり根本的に何かおかしいとしか思えないんですが...

 メーカーは調査しますと言いながら全然日程調整してくれないし。


posted by antec at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 工作機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

シール工法

記事訂正 2016/07/12

読み直したらちょっと細かく書きすぎた気がするので、ほぼ全面的に書き直しました。


要約

 機械でちょっとトラブったので修理したら板金部品の造りがアレだった。

 こりゃまずいだろうと感じたので僕が考える最強の代替手段を提案するのでご検討下さい。

提案内容

3M™ Scotch-Weld™ EPX™ 二液室温硬化型接着剤【高強度金属タイプ】メタルグリップ / DP-810

 シリコーンシーラントに代わって、このメタルグリップで施工して下さい。

 シリコーンシーラントより強度があって、塗装の乗りも良く、硬化が早いので養生時間も削減出来ます。高いけど。

閑話休題

 このEPXシステムですが、専用ガンが必要ですが混合の手間が省けるので、実際に使ってみると作業性はとても良いです。難点としてはミキシングノズルが使い捨てな事と、硬化が早いのでもたもたしていると直ぐにノズルが詰まってしまう事ですが、実はこのノズル、詰まっても再生可能です。

 適度に固まった状態で先端側から棒でつつくと、中のミキシングスクリュー毎スポっと抜けるので、先の方から丁寧にひん剥いて行くとスクリューを取り出す事が出来ます。取り出せたらノズルの中に仕舞って、一緒に抜け出た赤い部品で蓋すれば完了。

 完全に固まってからだと剥くのが大変なの生乾き状態で作業するのがコツです。

 逆に硬化が足りないうちに作業するとあちこちくっついて気持ち悪いですし、何より硬化時に結構発熱するので素手だと火傷などの危険があります。くれぐれもご注意を。

 まぁたかだか300円ばかのノズルをちまちま剥いて再生するような貧乏垂らしい事はみんなしないでしょうけど。


 つまり書きたかった事は最後の段だけだったりして


posted by antec at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 工作機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

本体は問題無いのに

 今日もうちの35Vは修理で休養中。ここの所毎月の様にメーカーに来て貰ってる気がする。

 というのは大袈裟だけど、長くても隔月なので似たようなモンでしょ。


 トラブルのは大抵機械本体側ではなく、ATCとかAPCとかの別ユニット側。ある意味そっちが売りの機械かと思ってたけど実情は違ったみたい。

 でまぁ修理を呼ぶと何故か症状が出なくなると言うのは世の常でして、今回も先週4連チャンで出ていた症状が修理日程が決まったその翌日から出なくなり、無事本日も快調に動作したのでした。

 あと修理の度に何らかの部品を交換して貰ってますが、本当は部品自体じゃなくてソフト的な問題なんじゃないの?と思うケースが幾つかあって、今回のもどちらかと言うとそっちの気がします。

 ソフト的な問題というのはつまりラダー組んだ人の想定外の使い方をしているという事なんでしょうけど、一応こちらにも理由があってそうしている訳なのでなかなかそれを改めるのは難しい所があります。

 なので何とかソフトのアップデートで対応して欲しいと思う次第。

 まぁ率直に言うとデバッグ不十分なんじゃないの?


posted by antec at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 工作機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

LAN対応

 うちにあるFANUC系のマシニングは全てデータサーバを持っているのでプログラムの出し入れはLANケーブル繋いでFTP。複合旋盤の方は当時のFANUCのT系にはそのような仕組みが無かったのでメモリカード。

 やっぱりLANに繋がってると何かと便利なので、例のブラザーもLANに繋いだ。超快適。BrotherCommV3なる専用の通信ソフトもあるようですが、ファイルの出し入れだけならFileZillaの方が遥かに便利だと思う。

 味をしめたのでついでにマザックの方もLANにつなぐ事にしてみた。

 マザックと一言で言っても制御装置によって異なるようで、SMARTの方にはFTPサーバとしての機能が無い模様。従ってPC側にFTPサーバを立てて、操作は機械側で行う必要があるっぽい。(´・ω・`)

 因みにやろうと思えばFANUCでもそういう使い方はできるけどあまり意味は無いと思う。

 一方MATRIXの方はNCの画面にネットワークの設定が見当たらない...と思ったらWindowsの方で設定するみたい。というかケーブル挿せばDHCPで勝手にアドレス取得する。

 ファイルの出し入れについては共有フォルダに設定すれば良いみたい。ふむふむ。

 ...Everyoneをフルコントロールっと...(←危険)

 いざPC側からアクセスしようとしたらアカウントを尋ねられる。ユーザー名はAdministratorな事がスタートメニューから分かるけど、パスワードは何なんでしょう?

 適当に入れてみたけどよく分からなかったので、ファイル転送用にダミーのユーザーアカウントをMATRIXの方に設定してやって、そのアカウントでログインしたら入れた。まんまWindowsだね。

 今時WindowsXPの機械をネットワークに繋ぐのはセキュリティー的にやや不安...


posted by antec at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 工作機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする