2012年07月13日

反りと残留応力 - 実践 2nd

 再び平面研削の事。前回は平面度0.0119の所までだったけど、ではその先を目指すとしたらどこまで可能だろうか。

 というわけで材質も厚みもまちまちな一連の部品が折角ある事だし、やれる時にやっておかないと何時まで経っても辿り着けないと思うので、この際出来るだけやってみる事にした。




 結論。平面度0.005から先は簡単じゃなかった




Disk-Flatness_t1.8.png
 この0.002の反りがなかなか取れないんだよなぁ。

Disk-Flatness_t2.png
 これなんかは1箇所ミスってるのがバレバレ。まぁそれがなくても0.002くらい中凸だけど。


 原因は何となく分かったのでその対策をしてみた。
Disk-Flatness_t3-2.png
 このレベルで止まってたらJUNGの名折れと言われそうだけど、今日のところはこれくらいで許して下さい。

 今回はちょっと手順が悪かった所もあって無駄な手間を掛けてしまったけど、次からは多分もっと楽に出来る気がする。といってもそもそも其処まで求められては居ないんだけど...

 まぁ何にせよ、どんな物が出来たのか可視化出来るというのは大きい。


 そうそう、やってる途中で見事に典型的な反りが現れたので記録に残しておくことにした。

Disk-Flatness_t3-1-top.png

Disk-Flatness_t3-1-bottom.png

 平研で円盤をやるとこうなりやすい。こうなるのはマシニング方向とトラバース方向の残留応力の違いに由ると推測する。というのは去年の記事にも書きました。

 こういうのを見てしまうと、やっぱり円盤部品は横軸ロータリーでやりたくなっちゃうよなぁ(何年か前にはあった)。何なら平研にロータリーテーブルを載せるという手も??


posted by antec at 22:50 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

ハステロイX

 47Nia-22Cr-18Fe-9Mo-1.5Co-0.6W-0.10C-1*Mn-1*Si-0.008*B

 削ったこと無いんすけど、どんな感じなんでしょう?

 http://www.haynesintl.com/XHastelloyAlloy.htm
 http://www.hpalloy.com/alloys/descriptions/HASTELLOY_X.html
 http://group.mmc.co.jp/superalloy/ja/02/03-b.html
 http://www.nyk.co.jp/products/alloys/heat/hx.html





 おっと、間違えて前の記事の所にペチャっと貼ってしまった。色々と探して、グーグル先生の今朝のキャッシュから復帰。例のサーバでも案外そんな作業してたりするのかなぁとか思った次第。
タグ:難削材

posted by antec at 20:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

焼入れ鋼

 あ〜も〜、ここの所ずっと焼入れ鋼ばかりで嫌になってきた。細かい切屑はチクチクと手に刺さって痛いし。

 まぁ嫌な理由ってほぼこれだけだけど。


 比較的細かいパンチ類は超硬ソリッドで良いとして、中くらいのは工具の選定が悩ましい。

 今現在は荒から仕上げまで全部超硬ソリッドだけど、せめて荒取りくらいはスローアウェイのが使いたい。φ8〜16くらいで。

 サイズからすればねじ込み式くらいかなぁ。挟み込み式は2枚刃で送りが上がらんのが焼入れ鋼向きではない気がするし。

 ターゲットはSKD11、DC53、SKH51、HAP40など。HRCで58〜65くらい。

 ハイフィードタイプが良いか、6〜8枚刃の多刃スクエアが良いか、ボールが良いか...

 それ以前に、ヘッド交換式も案外安くないのが何とも...気軽に試せない。インターフェースの互換性も無さそうだし。



 そんな事よりも時代は既に超硬削り出しだろう。

 焼入れ鋼はロボにまかせて、V33にはそっちをやらせるべきだろうか。

 数年前にチャレンジした時はうまく出来なかったけど、今なら何とかなりそうな気がするし。何となく。

posted by antec at 09:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

懺悔

 ヨシア機さんのブログの中で「ラフィングエンドミルがなぜ切削抵抗が少ないか」という話があったので妄想全開で答えてみた。

 その日の朝、ここのコメント欄で「自分のブログで妄想垂れ流すくらいなら許されるでしょうが、あちこちに撒き散らすのはどうかと思います。」と自分で言ったにも関わらずだ。
 

まぁ種を蒔いたのは6/24なので時系列的にはちょっと違うかな。


 で、ふと自分の行いを省みると...すみません、僕自身の事でした(;´Д`)<妄言撒き散らし

 いやでも僕の場合、常日頃から妄言であることは公言してますし...というのでは免罪符にはならないでしょうか。ダメ?

 ついでに言うと妄想であるにも関わらず断定口調で書いてしまう所も自分の悪い癖だと思う。

 何となく心苦しいので懺悔してみた。

 ...

 それでも引き続き電波は発信して行くと思います。

 反省の色無し_( (_´Д`)_



posted by antec at 19:43 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

やむ無くロボで

 目論見通りリピートオーダーが来たのは良いのだけど、肝心の機械が空かない。なので今回はロボドリルでやることに。MicroTurboのあれやこれやはまた来月かなぁ。

 ロボは流石に華奢なので加工方法も変えます。能率重視なら超硬ラフィングが鉄板ですけど、今日は高送りカッタで。この辺の選定基準は気分です。

 折角なのでちょっとした実験。

 高送りカッタはどこまで高送れるか。


 結果、機械がついて来れませんでした。ロボも案外とろくさいですね。

 もしかしてHAASの方が機敏?
タグ:HPM hsm

posted by antec at 00:20 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする