2015年09月08日

クーラント

 過去に何度かアルミの製品で変色が問題になった事があるので、水溶性切削油の選定ではまず第一にそこを重視しています。

 そういう経緯で現在はクェーカーのミクロカットKDを使っていますが、これはこれで非常にクリーミーな泡が立つのと、あまり液持ちしないのでその辺何とか成らないかなぁと思いながら、現在は週一くらいのペースで消泡剤を添加しつつ、だましだまし使っているような状況です。

 そんな感じなので別の油屋さんがお越しになった際には、色々と現在抱えている不満を吐露しつつ、何か良い物無いですかと相談するんですが、やっぱりどれもこれもKDの耐変色性には敵わないようで、トライしては捨ての繰り返しです。

 一応ですね、まず何よりもアルミの変色が起きないというのが最優先ですという事は散々念押ししているつもりなのですが、そうやって選定して頂いたクーラントを試してみてやっぱり変色が起きてしまうと、「いや実は社内のテストでもそのような結果はありまして、こちらのクーラントの方がその点では良いので是非次はこちらを試してみて下さい...」と言ってくる訳です。


 お前最初から俺の言う事聞いて無かったのか?KDより劣る物なんて要らないんだよ!


 直接こんな事言えないので此処で愚痴ってみた次第。

タグ:クーラント

posted by antec at 19:58 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

どてら市にて

 先日商社の方に誘われてどてら市に行ってきました。そこでPowermillのVortexをちょっとだけ見せて頂く事が出来ましたが、やっぱりちょっと残念な感じでした。

 個人的に一番残念だったのはiMachiningと同様、径方向の切込み量(切削関与角)の最大値に制限がある事。何となくその辺が気になっていたのでちょっと大きくしてみてと頼んだら計算エラー。エラーにならない値を探したら工具半径分まででした。

 ae≦0.5Dc、切削関与角≦90°

 どうしてこういう無駄な制限を設けてしまうんでしょうかね?

 軽切削でぴゃ〜っとやるのか、重切削でぐぁば〜っとやるのかは、使うこっちに選ばせて欲しい。折角色々と良いところもあるツールパスなのに、こういう不必要な制限のせいで使いたいように使えないんじゃ話になりません。

 iMachiningと違ってこっちは計算時にエラーが出るので、もしかしたらアルゴリズム的に問題があるのかも知れないけど、だとしたら尚更へっぽこと言わざるを得ない。

 んでもってこの記事書きながらサイトを眺めてたら、MachineDNAとか言うのがちょっと気になった。ちゃんと予習して行かなかったのでどういう物なのか聞けなかったのが残念。また機会があったらどういう仕組の物なのか詳しく聞いてみたい。

 工具の方ではサンドビックの工具径の2倍の深さまでのフル溝加工を謳う「コロミルプルーラHD」の話とか聞きつつ、内心0.5Dcや1.5Dcにするとどうなの?という所が気になったりしておりました。

タグ:CAM Endmill HPM

posted by antec at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

ポキッ

 5軸加工機でLANGのバイスとか使ってぐるりんしたは良いけど、その掴んでた部分って邪魔臭いですよね。

 そう言えば昔ドイツ人に「そんなもんジャーンと切ってポキッとやって、ちょちょっと仕上げりゃお終いよ」って言われたのを思い出してやってみた。

Leftover-Material.jpg
残骸

 一工程でお終いって楽で良いですね。

 最初に聞いた時は内心えれーいい加減だなーとか思ってたんですけど、確かにこれで仕上がるならこんなに安上がりなものは無いですね。

 ドイツ人の言うことはちゃんと聞くべきだなぁと思った次第。

タグ:5軸加工

posted by antec at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

予定

 冷蔵庫が壊れてチョコが溶けてます。社長何とかして下さい。チョコじゃなくて冷蔵庫の方です。


 さてブログの方は絶賛放置中ですがどうしたもんかなー。

 ネタは時々思いつくんですがちょっとモチベーションが足りないというか、以前のようにわざわざ此処に書かんでも良い様な気がするというのもあるかも。

 でもまぁ未来の自分の為にもきちんとまとめておきたいなぁと思ってる事があって、1つは残留応力と歪の事。それともう一つはバリ対策について。

 残留応力がらみの事は今まで何度か記事書いていますが、読み返すとあの頃とは考えが変わったなぁと思うところもあるし、ニュアンスが伝わらないよなぁと思う所もある。まぁ文才が無いのでその辺なかなか難しいのですが。
 しかしこの問題、あちこちで未だに間違った都市伝説が語られていたりしていて、そこは何とかしたいと思っています。


 で、もう1つはバリに関してなんですが、バリというのは加工屋にとって宿命のライバルだと思うのです。機械要素技術展でも専用ブースやセミナーが開かれるようなので、そういう需要も結構あるんでしょうね。

 自分は面倒くさがり屋なので、面倒なバリ取りはできればしたくありません。そういう労力を軽減できるのならその対策には結構力を注ぎます。楽する為の努力は案外嫌いじゃないです。

 そんな感じなので機械で取れるバリは全て取るというのが自分のやり方なので、その為の小技はそこそこ溜め込んでいます。こういうのもいずれ誰かの役に立つんじゃないかと思うので、代表的な物について色々とまとめて置きたいなぁとこれまた何年も前から考えてはいますが、未だにこれも放置状態です。


 死ぬまでには何とかしておきたいですね。明日死ぬかも知れないけど。

posted by antec at 22:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

始業

 別にそんなに忙しくないけど今日から仕事始めました。
 何故か事務のおばさんまで来てました。

 世間様は大体休みなので静かで良いです。
 まぁ普段からマイペースにやってるのであまり関係無いですが。

 明日は午後だけ。


posted by antec at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする