2018年02月28日

泡立たないクーラント

 その昔とあるクーラントの匂いについて自分の率直な感想を述べたらちょっとダメージが大きかったようで、その事について未だに言われてしまいます。発言には気をつけないといけませんね。

 それでもそのメーカーさんが偉いなぁと思うのは、そういう事書いてしまったのにも関わらず、未だにあれこれ相談に乗ってくれてサンプルやら何やら提供してくれたり、年末にはちょっと飾るのが恥ずかしくなる様なカレンダーを持ってきてくれたりするのです。

 そろそろたまには良いことも書いてあげたいなぁとは思うのですが、何かそこまで感動する様な物に出会えなくって。最初はお!っと思っても1〜2ヶ月すると様子が変わって来たりして。

 なので本当はもう少し様子をみたい気持ちで一杯なんだけど、でもまぁこれはちょっと今までに無い感じだし、この性能が劣化する様子も無いので載せても良いかなぁとか思った物をご紹介します。

 弊社には泡に関してこれでもかというくらいトラブる機械が1台あります。これまで様々なクーラントを試して来ましたが、高圧クーラント対応を謳う物でもこの機械で消泡剤無しにずっと使ってこれた物は1つしかありませんでした(因みにその唯一のクーラントは廃番でもうありません)。そんな機械でも今回のやつは全く消泡剤を必要とせずに使えている奇跡のクーラントです。

 それが日本グリース サンカット SA-100HP です。(※現在同社ウェブサイトには SA-100P しか載っていませんが、それの泡対策強化版みたいです)

 ではその消泡性能を実際に見てみましょう。

 比較対象は最近うちの近所で何故かバカ売れしているらしいカストロールのアルマレッジFA です。自分はこのクーラントの良さがさっぱり分かりません。アルミの変色も起きるし、何よりその泡のしつこさったら史上最強です。こんなに泡が消えないクーラントは見たことがありません。

 多分これ消えないシャボン玉よろしく砂糖やはちみつか何かが入ってるに違いありません。大体どう見てもビックルにしか見えませんから、こんな風に飲料ボトルに入れておくと間違って飲んでしまう人が出ない筈が無いので、そういう事故を想定して美味しく飲めるように作られているのかも知れません。

 さて SA-100HP の方はどうでしょう。これ比較対象が極端過ぎてよく分からないかも知れませんが、そもそも泡起ちが物凄く少ないのです。泡に悩まされ続けて気づいたのは、泡で問題になる機械に消泡性能の高いクーラントを入れるのは正解ではないという事です。必要なのは消泡性の高さではなく起泡性の少なさ。これが重要です。

 こんな風にボトルに試験液を作って振ってみると、大体どのクーラントも新液の時は泡がさーっと引いていきます。消泡剤が効いているので。

 でも毎日事ある毎にばしゃばしゃやっていると案外数日で泡消えが遅くなっていきます。消泡剤の効果が薄れてくる為かと思います。

 一方最初から泡立たないクーラントは結構いつまでも同じように泡が起ちません。因みにこの動画は本日撮影した物ですが、中身のクーラントは昨年12月に希釈した物です。作ってから3ヶ月くらい経っていますがその性能は全然変わりありません。アルマレッジFAのしつこさも!(密閉容器でコンタミも無いので普通の使用環境よりは長持ちし易い条件ですが)

 実戦投入からまる2ヶ月といった所ですが、エマルジョンの割にはベタつきも少なくて、極圧剤入りなので切削性も悪くなくて結構使い勝手は良いようで担当者からは概ね好評です。ただ個人的にちょっとだけ気になる点としては、この2つのボトルを見比べてもらうと分かるかと思いますが、SA-100HP の容器の方がちょっと汚いですよね?というかアルマレッジFAの方がやたら綺麗なのかも知れませんが。

 実際、機内の窓の汚れとかが他のソリュブルタイプに比べるとやや気になる気がします。

 他にもこのような謎飲料が10本以上あるのですが、ボトルの綺麗さではアルマレッジFAはピカイチです。もしかしたらそういう所が受けているのかも知れませんね。

 という訳で泡で困ってらっしゃる方はちょっとサンプル取り寄せてみると面白いかも知れませんよと言うお話でした。


posted by antec at 22:52 | Comment(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

OSGのメルマガ

OSGのメルマガに登録している方は既にご覧になられているかも知れませんが、今月のメルマガでは『従来JISのねじ精度』というタイトルで、廃止になったJIS 2級ねじの公差が掲載されていました。

 現行のJIS規格は JISC 日本工業標準調査のサイトで検索できますが、廃止になった規格は探すのが面倒なので、こういうのは助かりますね。

タグ:ねじ

posted by antec at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

純某

 旋盤にて純アルミ(A1070)の加工をしておりますが、まぁ色々と大変。純なんちゃらの類は総じて加工し難いですね。純某の類が合金より加工し易いのって純チタンくらいな気がします。

 加工し難い点を適当に挙げてみると

  • 強度がない
  • 切りくずが繋がる
  • 切りくずが厚い
  • 溶着する
  • 傷付きやすい

 何となくこんな所でしょうか。

 さて加工条件ですが、上記の様な物に出くわした時にはだいたいこんな感じで設定しています。

  切削速度 しらねー
  切込み量 てきとー
  送り速度 ゆっくり
  工  具 よく切れるの

 それで良いのかよく分かりませんが事故は防げると思います。

 話は戻ってA1070ですが、前回仕上げにダイヤを使ったら綺麗すぎてだめだと言われたので仕方なく普通の超硬使ってみましたが、横穴が空いている所の挽き目が周囲と差が出てしまって、それはそれでまずいので困ってます。

 溶着して成長した構成刃先が断続部分に行くと衝撃で壊れる為にそこだけ綺麗になってしまうんだと思いますので、DLCコーティングなどで溶着を少ないレベルに抑えられれば改善出来そうな気がします。

 という訳で本当ならテグテックのG級MLブレーカに日立のSDコートを施して頂きたい所ですが納期の関係があるので京セラのPDL025を手配してみようと思います。

 手持ちの物は内径用のポジインサートだけなので、使いたいホルダに合わないんですよね。

タグ:難削材

posted by antec at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

3次元測定機が故障した

 昨日の事ですが、3次元測定機が故障しました。全数検査を要する部品を加工していたので、加工が終わったものから順次自動計測させてたのですが、戻ってきたらCALYPSOが変なダイアログを出して固まっていました。

 よく見たら本体の電源が落ちていて、エラーダイアログの内容は本体との接続が切れましたという物。

 電源ボタンを押すもうんともすんともせず。メーカーにTELしたが早くて明後日になるとの事。困ったもんだ。

 とりあえずメーカーが来てくれるまで放っておくのも忍びなかったのでテスターであちこち調べてみたけど、どうも電源ユニットが死んでる臭い感じ。

 それにしても、DC36Vとはなんぞや。所詮単なるPCだろうから松電行ってATX電源買ってこようと思ったけどそうもいかず...

 大人しく修理を待ちますか。┐(´д`)┌ヤレヤレ


posted by antec at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

ロジハック

 自分はMX700くらいの頃からずっとロジクールの無線マウスを使っていますが、自宅のMX Revolutionがいよいよヘタレてきたので近所の家電屋に行って適当に物色して来ました。

 店頭デモ機を触った感じではサンワサプライのMA-125Hシリーズがとても手にフィットして良い感じだったのだけど有線なので却下。つか1.8mのロングケーブル採用するくらいなら無線にすりゃ良かったのにね。

 他にはiBUFFALOのBSMBB26Sも持った感触はなかなか。静音タイプというのもミソ。

 昔はサンワサプライやエレコム辺りのマウスは色々と品質面でアレでしたが、近頃のはそこまででは無いのかなぁ?という印象を持ちました。

 そんな訳でそろそろロジクールも卒業かなぁと思ったものの、ロジとMicrosoftのマウスの店頭ラインナップが少なくて何となく寂しさを覚えたので、ここはロジ信者としていくらかお布施をせねばなるまいと思い、やっぱりロジクールから選ぶことにしました。

 そうは言ってもMX Masterでは高過ぎるし(Revoは3台も買ったくせに)、会社で使っているM705tはボタンがちゃちーし、どうしようかなぁと思っていたらM720トライアスロンがひっそりとぶら下がっているのを発見。店頭デモ機が置いてないのはいつもの事だけど、まぁその辺は信者には関係ないので迷わず買ってまいりました。

 とりあえずUnifyingレシーバを刺すだけで使えなくはないですがボタンのカスタマイズができないのでいつもの様にSetPointを開いたがマウスを認識しない。ロジのサポートで調べたら、Logicool Optionsというソフトに替わっているらしい。おっさんには辛いわ。

 でまぁそのLogicool Optionsを入れてボタンをカスタマイズしようと思ったが、CtrlキーとかShiftキーを単体で登録出来ないのな。なんじゃそりゃ。

 どうもそのあたりもゲーミングシリーズと異なって、近頃の製品(ユーティリティ)ではそういう仕様になってるっぽい。15年くらいずっと5ボタンマウスにこれらのキーを登録して使ってきたので今更変えろと言われてもなぁ。まぁ無きゃ無いでそれ程困るわけじゃないんだけど、やっぱり何となく嫌。

 というわけでもしかしたらと思って手動で設定出来るか試してみた、という話です。

 かつてSetPointの拡張設定ツールにuberOptionsというのが有ったのをご存知でしょうか。あれがやってることは単にSetPointのXMLファイルをグラフィカルに編集しているだけなので、もしかしたらLogicool Optionsのボタン設定も似たようなXMLファイルがあるんじゃないかと勝手に想像して探してみたらそれっぽい物がありました。

Logicool Optionsで任意のキーストロークを割り当てるには

%appdata%\Logishrd\LogiOptions\devices\6b015\6b015.xml

 (赤字部分はマウスのIDの様なのでM720以外では異なると思います)というファイルを開きます。ちなみに%appdata%は標準的な環境だと C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming とかです。これもOSによりけり。

 このファイルの先頭の方に

<device xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" pairingmethod="0" osversion="7.0" name="M720 Triathlon Multi-Device Mouse" image="6b015.png" id="0x6b015" extendedid="0" bustype="1" devicetype="3"> というのが見つかるので、これがM720トライアスロンのボタン設定ファイルなのは間違い無さそうです。

 肝心な各ボタンの設定内容はきちんと調べてみないと詳しい事はわかりませんが、とりあえずSetPointの時と同じように、適当に割当可能なキースロトークを割り当ててみてそれっぽいところを探してみます。例えば Ctrl + A を割り当ててみると...


<controlid rawxy="1" actiongroup7="win8nav2" actiongroup8="virtualdesktop" group="2"
 groupmask="3" id="0x0056" reprogrammable="true" type="mouse"
 taskidlist="forwardTaskidList" gestureidlist="othersGestureidList"
 actiongrouplist="win8NavList" actiongroup="virtualdesktop">
 <task id="0x10000" class="virtualkey">
  <params alt="0" configure="1" ctrl="1" extkey="0" shift="0" vkey="65" win="0" />
 </task>
 <remappableids>
  <remappableid controlid="0x0052" taskid="0x003a" />
  <remappableid controlid="0x0053" taskid="0x003c" />
  <remappableid controlid="0x0056" taskid="0x003e" />
  <remappableid controlid="0x005b" taskid="0x003f" />
  <remappableid controlid="0x005d" taskid="0x0040" />
  <remappableid controlid="0x00d0" taskid="0x00ad" />
  <remappableid controlid="0x0050" taskid="0x0038" />
  <remappableid controlid="0x0051" taskid="0x0039" />
 </remappableids>
 <actions>
  <action id="click">
   <task id="0x10022" class="donothing" />
  </action>
  <action id="down">
   <task id="0x10021" class="donothing" />
  </action>
  <action id="left">
   <task id="0x10026" class="donothing" />
  </action>
  <action id="right">
   <task id="0x10027" class="donothing" />
  </action>
  <action id="up">
   <task id="0x10020" class="gestureButtonWinNavigation2" />
  </action>
 </actions>
</controlid>

 こんな感じのやつが見つかると思います。この中で ctrl="1"というのがCtrlキーで、vkey="65"というのが Aキーを指している気がしますので、Ctrlキー単体を登録するにはvkey="0"とでもしておけば良さそうですね。

 というわけでここを変更したらLogicool Optionsに設定ファイルを読み込ませる為に、一旦Logicool Optionsを起動して無関係な所の設定を弄ってみたりして、Ctrlキー単発で認識するか確認してみたところ、無事割当出来ていることが確認できました。

LogicoolOptions_hacked.png

 この状態でLogicool Optionsからは Ctrl + 0 と表示されますが、実際には Ctrlキー単体のキーストロークとして機能します。vkeyのコードさえ分かれば特殊キーでもなんでも設定可能な気がしますので興味のある方は是非ご自分で試してみてください。

 こういう所で無理やり何とかするのもロジクール製品の楽しみ方の1つです。


posted by antec at 18:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする