Top工具>ヘリックスドリル使ってみたよ

2018年06月23日

ヘリックスドリル使ってみたよ

以前に書いたこちら↓の記事の続きのお話です。

 Nine9のNCヘリックスドリルのデモ機を借りたまま放置してたら、そろそろ返してという連絡があったので慌てて使ってみました。

 具体的な型式は 99323-016-2030 (M08-HD17-2030)というねじ込み式のやつで、アーバは超硬の長いやつ(398016-150M08)です。選定はすべて販社の方にして頂きました。

 ワークはA5052で、加工する穴はφ24深さ60とまぁそんなに大変じゃないですが、5軸のバイスで横から空けるのでそこだけちょっと心配というくらい。でも実際にはNACHIのアクアドリルEX VFで結構な速度で空けてても平気なので、クランプ力も心配する程では無いようです。

 掘りたい穴の深さが60なので突出しは70〜80くらいにしたい所ですが今回98あります。借り物ちょん切る訳にも行かないので仕方ないですね。

 カタログの条件表だと穴径φ25として周速は 120-210-300 m/min, F 0.12-0.16-0.20 mm/rev, ピッチ 3.10-4.05-5.00 mmとなっており、手始めに初期設定時推奨値からトライしてみましたが、ちょっと遅すぎて比較にならない。

 いくつか条件探ってみると Vc200, F0.14, P6.0くらいが一番穴が綺麗に空く感じでした。条件が良くないと直径で0.05くらい入り口が広がってみたり、奥が窄まってみたりするようです。

 まぁ軽量化のための馬鹿穴なので精度よりも速度重視でやってみましょうということで条件上げてったら、主軸の最高回転数である15,000min-1(Vc 800m/min) くらいでも行けそう。所詮アルミだしね〜。

 てな訳で加工の様子はこんな感じ。クーラントで殆ど見えないので見辛い回転窓からですがご容赦下さい。

 とりあえず謳い文句の低抵抗というのは嘘じゃないです。推奨条件だと主軸ロードメータが10%くらい、綺麗に空く条件で14%くらい、動画の時のフル回転条件で44%くらいでした。もともと非力な30番の機械にこういう加工を移したいなぁと言うのが始まりなので、そういう目的にはぴったしの様な気がします。

 一方超高速というのはどうかなぁ。比較対象次第かも。

 デメリットとしては機械の中が細かい切屑だらけになって掃除が面倒です。アクアドリルEX VFの切屑は壁に張り付かないので掃除の手間が掛からないのですが、こういう所がちょっと億劫に感じます。

 あと加工条件がイケてないためか、深さ50くらいになるとやや切屑を噛み込みがちになります。噛み込んだ切屑が偶に穴の内壁にへばりついててよろしくないので、底まで行ったらヘリカルで戻して浚うようにしたのはその為です。スルー圧3MPaじゃ足りないのかも知れませんね。

 加工条件とかプログラムは動画の説明欄にも書いてありますが、こんな感じです。

S15000 M03
M50
G55 G90 G0 X-37. Y13. B0 C0
G43 Z200. H#518
Z20.
Z10.
G01 Z5.5 F1000.
G41 D#517 X-27.65 Y15.65 F2250.
G03 X-37. Y25. I-9.35 J0.
Z-0.5 I0. J-12.
Z-6.5 I0. J-12.
Z-12.5 I0. J-12.
Z-18.5 I0. J-12.
Z-24.5 I0. J-12.
Z-30.5 I0. J-12.
Z-36.5 I0. J-12.
Z-42.5 I0. J-12.
Z-48.5 I0. J-12.
Z-54.5 I0. J-12.
Z-60.5 I0. J-12.
I0. J-12.
X-46.35 Y15.65 I0. J-9.35
G01 G40 X-37. Y13.
G41 D#517 X-27.65 Y15.65 F6750.
G03 X-37. Y25. I-9.35 J0.
I0. J-12.
Z-54.5 I0. J-12.
Z-48.5 I0. J-12.
Z-42.5 I0. J-12.
Z-36.5 I0. J-12.
Z-30.5 I0. J-12.
Z-24.5 I0. J-12.
Z-18.5 I0. J-12.
Z-12.5 I0. J-12.
Z-6.5 I0. J-12.
Z-0.5 I0. J-12.
Z5.5 I0. J-12.
X-46.35 Y15.65 I0. J-9.35
G01 G40 X-37. Y13.
G00 Z20.
...

 肝心のお値段ですが、安くは無いです。デモ機の組み合わせで一式揃えると、NACHIのEX VF DLCが2本買えます。

posted by antec at 12:35 | Comment(2) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アルミの切粉は軽いので浮いたり張り付いたり大変ですよね^^;
Posted by HkaruSai at 2018年10月02日 07:46
そうですね。
バケットから捨てる時は軽いので楽ちんですが^^
Posted by antec at 2018年10月11日 18:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]