Top旋盤>SUS303嫌い

2018年04月14日

SUS303嫌い

 個人的には凄く下らない理由でSUS303が嫌い。何となく削ると安っぽく仕上がるから。

 その点SUS304の方があまり気にせず加工しても綺麗に仕上がるし、耐食性も303の様な心配は要らないし、材料の入手性だって良いし、どっちでも良いんなら素直に304にしとこうよって思う。

 あくまで個人の感想ですが。

 さて先日その嫌いなSUS303を加工していたのですが、SUS仕上げ用のインサートが殆ど在庫が無かったので、どうせなら何かかっこいい刃物買いたいなぁと思っていくつかカタログ見ていたのですが、CNGGでノーズR0.2くらいのキレっキレなやつってあんまり無いんですよね。そんな希少なラインナップの中で良さそうなのが京セラに有ったので買ってみました。

 これがなかなかに良い。仕上がり具合がとてもSUS303には見えない。

 これでちょっとは303嫌いも克服出来るかな?

 こいうシャープエッジなのは京セラかNTK、あとアプリテックってパターンが多いけど他に良いメーカーあるかな?

タグ:工具
posted by antec at 16:21 | Comment(2) | 旋盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

ところで、京セラやNTKをお使いの時ってホルダーってどうされてますか?
深い意味はまったくなく、単純に標準品使われてるのかな〜?と思いまして。
Posted by 仮りだぉ at 2018年04月15日 12:00
CNxx1204 を使ってるのは、大概このホルダー用です。
http://tma6c.seesaa.net/article/171017231.html

NTKはポジのインサートを使う事が多くて、そういうのは標準の20角と16角のどちらかです。
16角は4本付くマルチバイトホルダ用です。

内径用もいくつかは自作のバイトですが、そんなに種類作ってないので殆どが標準品です。
Posted by antec at 2018年04月16日 10:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]