Top日記・雑談>泡立たないクーラント

2018年02月28日

泡立たないクーラント

 その昔とあるクーラントの匂いについて自分の率直な感想を述べたらちょっとダメージが大きかったようで、その事について未だに言われてしまいます。発言には気をつけないといけませんね。

 それでもそのメーカーさんが偉いなぁと思うのは、そういう事書いてしまったのにも関わらず、未だにあれこれ相談に乗ってくれてサンプルやら何やら提供してくれたり、年末にはちょっと飾るのが恥ずかしくなる様なカレンダーを持ってきてくれたりするのです。

 そろそろたまには良いことも書いてあげたいなぁとは思うのですが、何かそこまで感動する様な物に出会えなくって。最初はお!っと思っても1〜2ヶ月すると様子が変わって来たりして。

 なので本当はもう少し様子をみたい気持ちで一杯なんだけど、でもまぁこれはちょっと今までに無い感じだし、この性能が劣化する様子も無いので載せても良いかなぁとか思った物をご紹介します。

 弊社には泡に関してこれでもかというくらいトラブる機械が1台あります。これまで様々なクーラントを試して来ましたが、高圧クーラント対応を謳う物でもこの機械で消泡剤無しにずっと使ってこれた物は1つしかありませんでした(因みにその唯一のクーラントは廃番でもうありません)。そんな機械でも今回のやつは全く消泡剤を必要とせずに使えている奇跡のクーラントです。

 それが日本グリース サンカット SA-100HP です。(※現在同社ウェブサイトには SA-100P しか載っていませんが、それの泡対策強化版みたいです)

 ではその消泡性能を実際に見てみましょう。

 比較対象は最近うちの近所で何故かバカ売れしているらしいカストロールのアルマレッジFA です。自分はこのクーラントの良さがさっぱり分かりません。アルミの変色も起きるし、何よりその泡のしつこさったら史上最強です。こんなに泡が消えないクーラントは見たことがありません。

 多分これ消えないシャボン玉よろしく砂糖やはちみつか何かが入ってるに違いありません。大体どう見てもビックルにしか見えませんから、こんな風に飲料ボトルに入れておくと間違って飲んでしまう人が出ない筈が無いので、そういう事故を想定して美味しく飲めるように作られているのかも知れません。

 さて SA-100HP の方はどうでしょう。これ比較対象が極端過ぎてよく分からないかも知れませんが、そもそも泡起ちが物凄く少ないのです。泡に悩まされ続けて気づいたのは、泡で問題になる機械に消泡性能の高いクーラントを入れるのは正解ではないという事です。必要なのは消泡性の高さではなく起泡性の少なさ。これが重要です。

 こんな風にボトルに試験液を作って振ってみると、大体どのクーラントも新液の時は泡がさーっと引いていきます。消泡剤が効いているので。

 でも毎日事ある毎にばしゃばしゃやっていると案外数日で泡消えが遅くなっていきます。消泡剤の効果が薄れてくる為かと思います。

 一方最初から泡立たないクーラントは結構いつまでも同じように泡が起ちません。因みにこの動画は本日撮影した物ですが、中身のクーラントは昨年12月に希釈した物です。作ってから3ヶ月くらい経っていますがその性能は全然変わりありません。アルマレッジFAのしつこさも!(密閉容器でコンタミも無いので普通の使用環境よりは長持ちし易い条件ですが)

 実戦投入からまる2ヶ月といった所ですが、エマルジョンの割にはベタつきも少なくて、極圧剤入りなので切削性も悪くなくて結構使い勝手は良いようで担当者からは概ね好評です。ただ個人的にちょっとだけ気になる点としては、この2つのボトルを見比べてもらうと分かるかと思いますが、SA-100HP の容器の方がちょっと汚いですよね?というかアルマレッジFAの方がやたら綺麗なのかも知れませんが。

 実際、機内の窓の汚れとかが他のソリュブルタイプに比べるとやや気になる気がします。

 他にもこのような謎飲料が10本以上あるのですが、ボトルの綺麗さではアルマレッジFAはピカイチです。もしかしたらそういう所が受けているのかも知れませんね。

 という訳で泡で困ってらっしゃる方はちょっとサンプル取り寄せてみると面白いかも知れませんよと言うお話でした。

posted by antec at 22:52 | Comment(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]