Top工具>ポジドライブ

2017年01月22日

ポジドライブ

 先日故障した3次元測定機は無事(?)コントローラユニット交換で復帰しました。が、ちょっと不満がありまして。

 部品交換なので当然あちこちのねじを外す事になりますが、この機械に使われているねじは主にポジドライブ(PZ1)とトルクス(T10)、それにヘックス(サイズ様々)ですが、問題はポジドライブ。日本ではあまり見かけませんが、IKEAの家具などで知ってる方も多いんじゃないでしょうか。欧州の製品では結構見かけると思います。

 ポジドライブ(Pozidriv)は、フィリップス(いわゆるプラスねじ)の改良版のようなもので、ビットが差し込まれる溝をストレートにしてカムアウトを抑える工夫がされたものです。更に改良した物にスパドライブがありますがここでは割愛します。

 ポジドライブの十字穴形状はJISでは JIS B1012-1985 にて『Z形』として規定されています。フィリップスねじは同規格の『H形』。ポジドライブのねじには十字の溝の間に斜めの筋が入っているのが目印となっています。

Screw-PZ1.jpg

 ポジドライブとフィリップスとの間に互換性はありません。ポジドラのねじに+ドライバーを入れるとグラグラで合いません。そのまま無理やり回せば、きつく締まっていなければ回せなくはないですが、直ぐにねじの十字溝が広がってしまいます。せっかくフィリップスよりカムアウトし難くい筈なのに、適切なドライバーを使わないと却って逆効果となってしまうので要注意です。逆もまた然り。

Driver-PZ1-PH1.jpg
左がPZ1で右がPH1、共にVessel

 何も知らない素人ならまぁ仕方がないと思いますが、作業に来た方は間違いなく正規のサービスエンジニア。なのにポジドライブが何なのかも知らないようで、ドライバーセットの中にもポジドライバーは入っていないようでした。全くどういう社員教育をしているんでしょうね?

 というわけで無事動作はするようになりましたが、ほぼ全てのねじの頭が傷んでしまいました。あ〜あ。

タグ:工具
posted by antec at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446202604

この記事へのトラックバック