Top日記・雑談>純某

2017年01月20日

純某

 旋盤にて純アルミ(A1070)の加工をしておりますが、まぁ色々と大変。純なんちゃらの類は総じて加工し難いですね。純某の類が合金より加工し易いのって純チタンくらいな気がします。

 加工し難い点を適当に挙げてみると

  • 強度がない
  • 切りくずが繋がる
  • 切りくずが厚い
  • 溶着する
  • 傷付きやすい

 何となくこんな所でしょうか。

 さて加工条件ですが、上記の様な物に出くわした時にはだいたいこんな感じで設定しています。

  切削速度 しらねー
  切込み量 てきとー
  送り速度 ゆっくり
  工  具 よく切れるの

 それで良いのかよく分かりませんが事故は防げると思います。

 話は戻ってA1070ですが、前回仕上げにダイヤを使ったら綺麗すぎてだめだと言われたので仕方なく普通の超硬使ってみましたが、横穴が空いている所の挽き目が周囲と差が出てしまって、それはそれでまずいので困ってます。

 溶着して成長した構成刃先が断続部分に行くと衝撃で壊れる為にそこだけ綺麗になってしまうんだと思いますので、DLCコーティングなどで溶着を少ないレベルに抑えられれば改善出来そうな気がします。

 という訳で本当ならテグテックのG級MLブレーカに日立のSDコートを施して頂きたい所ですが納期の関係があるので京セラのPDL025を手配してみようと思います。

 手持ちの物は内径用のポジインサートだけなので、使いたいホルダに合わないんですよね。

タグ:難削材
posted by antec at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック