Top工作機械>シール工法

2016年07月11日

シール工法

記事訂正 2016/07/12

読み直したらちょっと細かく書きすぎた気がするので、ほぼ全面的に書き直しました。


要約

 機械でちょっとトラブったので修理したら板金部品の造りがアレだった。

 こりゃまずいだろうと感じたので僕が考える最強の代替手段を提案するのでご検討下さい。

提案内容

3M™ Scotch-Weld™ EPX™ 二液室温硬化型接着剤【高強度金属タイプ】メタルグリップ / DP-810

 シリコーンシーラントに代わって、このメタルグリップで施工して下さい。

 シリコーンシーラントより強度があって、塗装の乗りも良く、硬化が早いので養生時間も削減出来ます。高いけど。

閑話休題

 このEPXシステムですが、専用ガンが必要ですが混合の手間が省けるので、実際に使ってみると作業性はとても良いです。難点としてはミキシングノズルが使い捨てな事と、硬化が早いのでもたもたしていると直ぐにノズルが詰まってしまう事ですが、実はこのノズル、詰まっても再生可能です。

 適度に固まった状態で先端側から棒でつつくと、中のミキシングスクリュー毎スポっと抜けるので、先の方から丁寧にひん剥いて行くとスクリューを取り出す事が出来ます。取り出せたらノズルの中に仕舞って、一緒に抜け出た赤い部品で蓋すれば完了。

 完全に固まってからだと剥くのが大変なの生乾き状態で作業するのがコツです。

 逆に硬化が足りないうちに作業するとあちこちくっついて気持ち悪いですし、何より硬化時に結構発熱するので素手だと火傷などの危険があります。くれぐれもご注意を。

 まぁたかだか300円ばかのノズルをちまちま剥いて再生するような貧乏垂らしい事はみんなしないでしょうけど。


 つまり書きたかった事は最後の段だけだったりして

posted by antec at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 工作機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック