Top日記・雑談>腐った?

2016年05月21日

腐った?

 色々試験をして実機での試験運用も経て決めたSA-300ALですが、4月に入って異臭を放つようになり、メーカーへ分析依頼を出してその結果を心待ちにしておりましたが、結局あまりのうんこ臭さに耐え切れず交換する事となりました。

 後で届いた分析結果では腐敗無しとの事でしたが...ちょっと採取のタイミングが悪かったかな〜?

 うんこ臭くなった機械は昨年より継続使用していた機械なので期間としては約半年くらいになりますが、それ以外の年末に入れ替えた機械の方でも腐敗臭とはまた違った感じですが変な匂いがするので結局みんな嫌気が差して、協議の末別の物へと切り替える方向で話は纏まりました。

 厳密に言うとその他大勢に関しては腐っているというわけでは無いと思うんですが、何が起きているのかよく分かりません。匂い以外には他の性能にも特に問題は無いようですし。

 とは言え問題は何に変えるかですが...もうKDには戻りたくないし...

 まず日グリさんからはSME-50Aというマイクロエマルジョンタイプの物と、MC-400Aというソリュブルタイプの2種類を提案して頂きました。これまた色々テストしてみた所、SME-50Aの方は中々調子良さそうな感じだったので、こちらを試験的に使ってみる事にしました。

 あと気になっていたロバスターも3種類程出して頂きましたが、ちょっと自信無さそうな所が少々気がかりです。まぁこちらもテストしてみてどうなるかといった所。

 さてクェーカーさんですが、正直KDの匂いが嫌なのでどうしようかなぁと思っていた所、KDより更に上のが出来ましたよという話をお聞きしたので、そちらのサンプルをお願いしました。ミクロカット 7110ADX(メーカーHPに載っていない為ジュンツウネットへリンク)という奴です。

 物は今週中頃に頂いていたのですが、ちょっとバタバタしておりまして先程ようやく開封した所。

 あれ?臭くないぞ?

 一応泡立ちについてはやや心配な所が有るみたいですが、第一印象としてはかなり良い感じです。因みに新液の状態では消泡剤がばっちり効いているのか、そんなにしつこい泡は立ちません。使い込んでいくと様子が変わってくるのでしょうか。

 個人的には pH(5%):8.4 という所が何となく気がかりです。

 とは言えちょっと使ってみたくなったので週明けにまた相談してみようと思います。

 でもなぁ〜、一斗缶なんだよなぁ〜、きっと...

タグ:クーラント
posted by antec at 22:04 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはりエマルションが良いのでしょうか?
スーパークール SV-600Sを使っています。シンセティックになりますが臭いは気になりません。炭素鋼だと面粗度も気になりませんが、NAK等の磨きレス加工には向かないかもです。不水溶性が良いのでしょうがベトベトで素手では滑らせてしまいますよね。作業性もコスト、火事等も問題です。アルミ加工に関しては基本ミストで加工してます。同じスーパークール SV-600Sの希釈を濃い目にして使ってます。普通にセンター、サイドで加工してもあまり変わりませんので、深穴以外はミストです。ただ普通のミストよりは多めに使用していると思います。もちろんエアーもMAXです。自作ミストなのでちゃんとしたミストではないのですがポリタンクに入れてるスーパークールを成型機などで使うバキュームの液体搬送タイプとスピードコントローラで調整しているだけの装置です。

工業用水などを使用している場合はろ過した方が良いらしいですが。水道水なら問題ないでしょうがコストが問題ですね。数台なら問題ないかもですが。
スメルカットやイオンDASHくんなどで腐敗臭が無くるか試すのも良いかも知れません。どちらもそんな高価ではありませんでした。
Posted by 初心者 at 2016年05月27日 22:28
情報有難うございます。
今のところ最初の選定は油屋さん(商社)に任せているので、あまり遠いメーカーの物ですと入手出来ないかも知れません。
エマルジョンが多いのはそれに拘っているつもりはないのですが、試験したり実機で評価したりしていくうちに結果としてエマルジョンの物を選ぶ事が多い感じです。
Posted by antec at 2016年05月30日 12:47
匂いだけの話しですと、ねちゃつくからお嫌いと言われた液体は腐敗は進みません。
マシニングセンタの内側に切粉が張り付くのを許せるなら私は全然アリかと思います。

それはさておき、ちょっとしたオカルト商品があるんです。(笑って聞いて下さいね!)
マシニングセンタのタンクに入れると化学反応により腐敗がかなり遅らせられるというアイテムです。
腐敗してしまっている切削油に対しては無効ですが、最初から入れておくと効果があるようです。
問題としては、見た目が胡散臭い事・・・・
板状になっているのですが、「なにこれ?」って見た目で怪しさ抜群です。

すこぶるどうでもいい加工機に遊びで入れられるならお渡し出来ます。
水性のものへの効果は確かに感じますがエマルジョンやその他のものへの効果は不明です。
Posted by 仮りだぉ at 2016年06月01日 17:36
お返事が遅くなり大変申し訳ございません。

ネチャつきは作業者の評判があまり良くないので、その点でちょっと難しいかも知れません。それとやはり入手ルートの問題もあります。


そのオカルティックな商品の方は凄く興味が湧きます。差し支えなければ是非ご紹介下さい。


因みに■バスターですが、3種類出してもらいましたがどれもダメでした。一応その中ではE120Mの変色は軽度なので、そんなに五月蝿くない所では使えるかも知れませんが。
あと3種類に共通してクリーム(液界面に出来るねっちょりしたアレ)の付着がかなり多めです。静かにして放っておくと表面に湯葉みたいなのが出来ます。連休明けとか楽しそう。
Posted by antec at 2016年06月03日 12:25
すこぶるオカルト臭のするアイテムは数個あるのですが、製造していた会社は既に無くなっています。
アイディアはそこそこナイスなものばかりでしたが、販売力というか・・・見た目がイケてないからか大きく売れなかったようです。

ものづくりとオカルトの融合体験を試されたい場合はお送りしますのでおっしゃって下さい。

最後に残るはピンク色の液体が有力候補でしょうか・・・・?
加工時にピンク色の液体が飛び散るというその姿が良さそうです。
どこも扱ってなくて手に入らないのですがずっと気になっています。
Posted by 仮りだぉ at 2016年06月03日 15:27
なかなか楽しそうな物で是非投入してみたいです。
左のメールフォームからご連絡をと思いましたが、今ちょっと試して見たところ、何故かメールが届かないのでちょっと調査します。
改めてご案内しますのでしばしお時間を下さい。


ピンクのあれは正規代理店が東京ペトロサービスさんの様なので、そこへ直接聞くか、そこと関連のありそうな
 山光油業
 協和油化
 日興キャスティ
辺りのルート、若しくは関西特殊工作油さんでしょうか。
初心者さんがお使いのSV-600Sもここのですよね?

マスターケミカルやハングスターファーにも青色系の気色悪いクーラントがあるので、その辺もちょっと捨てがたいですね。
Posted by antec at 2016年06月04日 08:49
はい、関西特殊です。シムテックも扱っていますのでサンプルも可能だと思います。
不水溶性やエマルションはやはり作業者の立場から言うと使いたくないですね。刺激臭があるのなら尚更です。エマルションだとクーラントタンクの状況が不透明で目視できない。加工状況も特殊な窓が無いと分かり辛い。
比較は難しいですがセミシンセティックやシンセティックはエマルションより高価ではないかと思います。種類などで価格は変わるのだろうけども。輸入品はもっと高くなるんじゃないでしょうか?

金額、作業性だけの問題だけではないと思いますが、良い物が作れないと成り立たないはずなので継続して頑張れる環境が作業者にも必要です。

浮上油回収とろ過をするだけで全然違います。24時間機械を動かす場合は必須だと思います。どちらも機械に付いてない場合、今は安価で購入出来るのでお勧めです。濃度管理などで必要となる希釈装置も助かります。
Posted by 初心者 at 2016年06月04日 10:53
>初心者様
ご意見ごもっともです。

オイルスキマーについては付いている機械とそうでないのとがありますが、付いていない機械の方が腐敗し易い感じはします。
一方ろ過装置は一切付いていません。やはり必要でしょうか。


>仮りだぉ様
メールフォームから送信出来るようになりましたのでご連絡頂けると幸いです。
旧メールアドレスがサービス終了した為、ブログの登録アドレスを変えましたが、メールフォームの方は外部サービスである事を忘れていたため、そちらの登録アドレスが更新されていませんでした。
Posted by antec at 2016年06月04日 12:34
http://www.big-daishowa.co.jp/product_page/product_31_shuhen.php#19のような商品からクーラント濾過装置で検索すれば沢山出てきます。使っている感想からするとあまり高価な物は必要ではないと思います。タンクから水をバキュームかポンプで吸い上げて、フィルターを通してタンクに戻すだけで十分で溶接が社内で出来るのであれば社内製作出来るくらいですが、BIGのツーリングなど沢山買っていると上記商品も安く入手出来る事があるので作るより買うもありかと思います。ただ、移動型ろ過装置を一度使い始めると取り合いになるほどです。なので機械購入時にクーラントクーラー、オイルスキマー、ろ過を安価な物で良いのでオプションで付けて欲しいと社内で言っております。センタースルーを付けるとメーカーによってはセンタースルー用にろ過装置が付いている場合もあるようです。
Posted by 初心者 at 2016年06月04日 13:50
ご紹介有難うございます。BIGにもこんなの有ったんですね。ホルダは沢山使ってるのに全く知りませんでした。

以前なら自分で色々作りましたけど、今だと買っちゃった方が早いような気がするので見積取って検討してみます。
Posted by antec at 2016年06月04日 15:32
本日噂のオーパーツが無事到着しました。仮りだぉ様、有難うございます。

なるほど確かに見た目では何がしたいのかよく分からない代物ですね。
効果の程はさておき、折角頂いたので早速愛機のタンクへ放り込んでみようと思います。

取り急ぎお礼まで。
Posted by antec at 2016年06月07日 19:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438125038

この記事へのトラックバック