Top検査・測定>R精度

2016年03月26日

R精度

 2012年に書いたこんな形状の部品。こういう図面が来た時、普通ならまず図面指示がおかしくないか確認する所ですが、レンズ屋さんからの依頼品なので本当にこういう曲率精度が必要らしく大変。詳しいことは知りませんが所謂シリンドリカルレンズを磨くための治具の様です。

 今回の物はR330±0.03、サイズは35×130×520(厳密にはちょっと違いますが)と全長はこれまでで最大。V33のX軸ストロークは600なのでそろそろヤバイ感じ。

 大きさも然ることながら、R330で幅130ってのはなかなかしんどいです。円弧の角度範囲は約22度しかありません。

 この範囲でR精度を公差内に入れようと思うと、頂点を基準にして両端で約±0.55μmという計算になりますが...そんな精度に入る物なのかな?

 とりあえずZ0.1上げて1発目...+0.05〜+0.08。

 モデルのRを-0.05して2回目...-0.13〜-0.18...あれ?

 Rを再び基準値に戻し、条件の方を見直して3回目...+0.07〜+0.09...行ったり来たり。

 Rを基準値-0.015にして4回目...-0.0009〜+0.0234...Σ(゚Д゚;入った

 CMMによる測定なので本当に出ているのか信じがたい所がありますが、こういう時だけは素直に測定値を信じましょう(ી(΄◞ิ౪◟ิ‵)ʃ)

 形状精度を見てみると円筒度が4.3μmでした。長手方向に反りが2μm程あり、各断面の真円度は2μmくらい。これをグラフにしてみると工具に付いていたR精度検査表の形状とほぼ同じ傾向でしたので、やはり工具のR精度が転写されていると見て良さそうです。

 因みに使用した工具はユニオンツールSuper EXCELLENT BALL。R精度±0.002〜0.003の高精度ボールエンドミルは国内大手各社から出ていますが、ユニオンのが他社と違うのはRの基準値。

特徴

超高精度タイプのロングネックボールエンドミル。

R公差φD/2±0.003(φDは先端から1.25×呼びRの位置の突出刃の回転径)

1本ずつにR精度検査表を添付。

外径公差:0/-0.01

超硬エンドミル総合カタログ vol.16 F-39 より

 つまり呼び径ではなく実工具径が基準なのです。

 まぁ個人的な好みの問題ですが、何となく実工具径とRが同じ方が気持ち良いからという、ただそれだけの理由なんですが。実際に使うのは工具の先端の方だけなのでほぼ意味は有りません。

 これ以上の形状精度は工具のR精度を転写しないようにする必要がありそうですが、立MCではちょっと工夫が必要ですね。5軸なら原理的には切刃上の1点のみを使用する事も可能ですが、機械精度がそこまでついてきてくれるのかちょっと心配になってきます。

 ただし5軸でやると仕上げ加工時間が大幅に短縮出来るのでそこは魅力的。うちの様な温度管理がきちんと出来ていない工場では尚更。


 今回仕上げ加工を3回する計算で見積出してたのでちょっと合わない気がするけどまぁ良いや。今朝からちょっと熱っぽいので、明日はゆっくり休もう。

posted by antec at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 検査・測定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック