Top加工理論>構成刃先

2011年02月01日

構成刃先

 切削速度を上げたほうが良い理由の一つに構成刃先が挙げられる。一般的に刃先温度が被削材の再結晶温度を超えるようにすると構成刃先の発生を防ぐ事が出来ると言われているからだ。

 てな訳で構成刃先が成長、脱落する様子が面白かったので載せておく。

 構成刃先が付着し、徐々に成長。やがて脱落するがその時工具の逃げ面側に巻き込まれながら加工面に毟れを形成する様子がよく分かる。


 こちらの動画ではお終いの方で切削油の効果も観察できる。切削油を掛けると途端に切屑のせん断角が大きくなり、切屑厚みが薄くなる様子がよく分かる。

 因みに構成刃先は英語で Built Up Edge(BUE)と呼ぶらしい。資料を探す上で覚えておくと良さそう。
posted by antec at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 加工理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183679154

この記事へのトラックバック