2018年05月22日

機械の精度管理

 来月からまたちらほら機械が入る予定。新しい機械が入ったらまたいつものように自分が色々とセットアップして担当者に引き渡す予定ですが、そろそろこういう作業も誰かしらに引き継いで貰わねばと思うんですが、機械の精度、パラメータ設定、マクロなど、小難しい事が多くてなかなか上手く教えられないのが悩みのタネ。

 そもそもGコードの所からまだ十分理解されてないし。

 セットアップする際には精度をどう維持管理していくかを念頭に置いて作業を行う訳ですが、つい半年程前に書いた記事の中で「5軸のマシニングセンタで精度管理する為には、主軸のゲージラインを基準にするのが一番良いと思っている」と書きましたが、本当の事を言うとうちでは実際にはゲージライン基準で運用していません。

 何故ならば、実際にはそう出来ないから。

 ではどの様にしているかというと、ずばり『基準工具方式』です。

 どれか適当な工具を基準工具として登録し、例えその工具の本当の長さが登録した数値と異なっていたとしてもそれは無視して、兎に角基準工具の長さありきで他を全て合わせるという方式です。

 そんなんで大丈夫なの?と思うけしょうけど、現実機械の中で自己完結させながら精度を維持管理する為にはそれしかやりようが無いんじゃないかと思って自分はそんな方式で運用しています。

 求める精度がサブミクロンとかで無ければ、この方式で十分目的は達成出来ます。

 もしサブミクロンの精度が必要となったらどうしたら良いでしょうか。自分はその世界に居ないので確信は持てませんが、恐らくそれを実現するにはテーブル基準でやるしか無いんじゃないかと思います。もう少し具体的に言うとJeyecore方式。

 ナノの世界になるとこれでも難しそうなので更に進んだ対応が必要になると思いますが、私にはちょっとそこまでは想像出来ません。

 Jeyecore方式を自分は勝手にテーブル基準と見做していますが、メーカーがそう捉えているかは謎です。自分が勝手にそう決めつけている理由としては、Jeyecoreの装置は普通テーブル側に取り付けるだろうという事と、工具長だけでなく主軸の回転中心まで捉えて補正するという所から、主軸を絶対的な基準として居ないと判断出来るからです。

 ゲージライン方式の欠点は主軸のゲージラインが変化した場合に、周りがそれに合わせる必要がある所です。基準工具方式も似たような所がありますが、相対的な変化量がゲージラインを基準にするよりかいくらか軽減出来るという所と、測定が容易という所がちょっと違います。

 世の中色んなやり方があると思いますが、いったいどれが正解なんでしょうね?

追記 2018.05.24

 上でJeyecore方式をテーブル基準と書きましたが、運用方法次第ではJeyecoreを使って基準工具基準にする事も勿論可能です。Jeyecoreは単なる道具の1つですからそれに拘る必要もありませんが、あれに類する物を使うとしたら、3軸のMCだとテーブル基準で運用するのが素直な感じがします。一方5軸の機械では軸構成によってはテーブル基準にするのが得策では無くなると思われるので、まぁその辺りは運用でカバーするしかないでしょう。

 機械に絶対的な基準は無いので、まずはあらゆる所が常に変位するという大前提に立って、その中で何処を基準にして他を合わせていくか、それが実務作業の中で実現出来るかを考えるのが運用技術かと思います。


posted by antec at 21:19 | Comment(0) | 工作機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする