2018年03月22日

転ばぬ先の杖

 一昨日まで特におかしな所もなく動いていたのですが、今朝になって突然NCが起動しなくなってしまいました。

V33_BootError.jpg
この状態でフリーズ

 こうなってしまうと手に負えないのでFANUCさんのサービス窓口にお電話した所、やはりNCの基盤交換が必要でしょうという事で、部品交換の手配をしてもらいました。

 幸いFANUCさんの保守契約を結んでいるので、基盤絡みの部品交換は契約期間中何度でも無償でして頂けるそうです(モータやバッテリーなどの消耗品は対象外)。この辺のサービスは流石FANUC様。

 牧野さんから10年越えたら色々とトラブル出るから保守入りましょうというご案内を度々頂いていて、機械本体の保守は数年前から入りました。そして昨年からFANUCさんの保守にも入る事にしたのですが、それからこれで3回目の出動依頼になります。

 保守入っていなかったら修理費はかなりな額になっている筈ですがとても助かりました。

 同時期に保守結んだもう1台の方は全然お世話になっておりませんが、それを差し引いても保守入ってて良かったです。

 ただ近頃SRAMのバックアップを怠っていたので、そちらの復帰が必要になるとちょっと面倒な事になりそう。保守や機械のメンテだけでなく、データのバックアップもこまめに取っておかないと行けませんね。

追記 2018.03.24

 23日の午後にFANUCさんが来てくれて、10分程の作業で直して下さいました。CPU基盤とDRAM基盤の交換だけで済んだみたいで、データの方は無事でした。

 因みに自分の方ではSRAMのバックアップをここ数年取っていませんでしたが、今年の2月にサーボアンプの交換をお願いした際だかにFANUCさんの方でバックアップを取ってくれていたようで、最悪データが消し飛んでも2月の状態には復帰出来たようです。やっぱりプロの仕事は違いますね。

 そう言えば保守契約を結ぶ際に故障が無いことが加入条件となっているので実機の確認に来てくれたのですが、その時にもバックアップを取ってくれて居たような気がします。

 てな訳でFANUCの保守はかなりのお得感がありましたよというお話でした。

タグ:制御装置

posted by antec at 21:54 | Comment(0) | 工作機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする