2018年02月08日

DLC転造タップ その2

 先週特注のタップ DLC コーティング品が届いたんけど、ちょうど納期に追われててテストどころじゃ無かったのでようやく今日デビュー。なかなか良い具合だ。

 そことは別に OSG さんにもコーティングのご相談をしてみたけど、上手く行ったり行かなかったりで時の運だよ的なお話。まぁそれでも良いから何種類か注文してみた。

 舶来品の DLC コーテッドタップについては Emuge と Widia のを実践投入中ですが今のところは良好。まだそんなに数行ってないけど。Sandvik は見積もり取ったら結構高かったので今回はパス。

 Widia のカタログ見てても下穴径の表が見つからなかったけど、基本的に OSG の NRT と同じで良いっぽい。

 一方 Emuge はちょっと違って、OSG の表よりやや大きめの下穴にしておかないと、タップ後の内径が小さくなってしまうようだ。Emuge のカタログに推奨下穴径が載ってて大きいなぁと思ってたけど、確かにその通りだった。

Emuge_Thread-hole-preparatory-diameter-for-cold-forming-taps.png
Emuge 転造タップ下穴径

150J-2 Cold forming .pdf P.321

 でもお陰でM3でφ2.8とか、M4でφ3.7などの0.1飛びサイズに合う物があったりして、使えるドリルが増えて良いかも。日立の SD が使えるし。

 個人的には Emuge はありかも。

タグ:工具 ねじ

posted by antec at 20:31 | Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする