2018年02月01日

S500X1

 M140に続いて再びBrotherの機械が入りました。今度はS500X1

 今までタッピングセンターでは工具長測定にBIGのベースマスターを使っていましたが、M140では工具折損検出装置を利用して測るようにしました。小型の5軸機はワークを取り外さないとテーブルにベースマスターを置くような空いたスペースが無いので。

 これが中々好評なのでS500X1にもオプションを付けておいたのですが、ちょっとこちらの方はそのままでは工具折損検出の役割にしか使え無さそうな状態。

 具体的に言うとセンサーを取り付けているステーが板金で華奢なのと精度が出ていないので、測定子の水平が出ていないのです。それもわずかφ3の範囲でコンマ台の傾き。そりゃ〜ないでしょう。

 もちろんこんな状態でも工具折損検出くらいには使えると思います。オプションの名目も『工具折損検出装置』ですから、クレーム付けた所で相手してくれないでしょう。

 という訳でそのままではこちらの目的としている工具長測定装置として使えませんが、かと言って折損検知だけで我慢する事も出来ないので、何とかして目的が果たせるように改善を図る事にしました。

 まず板金をテーブルのT溝にM10のキャップ1本で止めていますが、板金が薄すぎて曲がってしまっています。そのせいでセンサー付近をちょっと揺するとふにゃふにゃ。

 これをどうにかする為に、M10の狭い範囲で締め付けるのが問題と見て、ブロックを噛まして出来るだけ広い面で押さえつけるようにしました。これだけでもかなり剛性はUPします。

S500X1_Tool_Breakage_Detection_Sensor.jpg
工具折損検出装置

 続いて測定子の水平ですが、板金の精度が悪すぎてシムを噛まして何とか出来る様な気がしなかったので、仕方がなくプライヤーで曲げ曲げしながら根気よく水平が出るまで調整しました。柔な作りだと却ってこういう操作は楽ですね。いつまで精度維持出来るか分かりませんが。

 やれるだけ調整してみて、それでもダメだったらステーを削り出しで作り直そうかと思っていましたが、まぁ何とか使えそうな状態にはなったので、暫くこれで運用してもらってそれでもやっぱりダメだなぁとなったら改めて考える事にしました。


 因みに本来このセンサーはテーブルの左奥に設置されていますが、バイスを2連にしているとバイスの固定側口金のすぐ左隣にセンサーが来るので、フェースミルでセンサーを削ってしまわないか心配になります。

 幸いうちでは小物が主体なので、テーブルの前の方に移設した方が普段の加工の邪魔にならなさそうだったので設置場所も移してみました。こういう融通が効く所はDIYの利点かも。

タグ:工作機械

posted by antec at 20:54 | Comment(0) | 工作機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする