2015年09月08日

クーラント

 過去に何度かアルミの製品で変色が問題になった事があるので、水溶性切削油の選定ではまず第一にそこを重視しています。

 そういう経緯で現在はクェーカーのミクロカットKDを使っていますが、これはこれで非常にクリーミーな泡が立つのと、あまり液持ちしないのでその辺何とか成らないかなぁと思いながら、現在は週一くらいのペースで消泡剤を添加しつつ、だましだまし使っているような状況です。

 そんな感じなので別の油屋さんがお越しになった際には、色々と現在抱えている不満を吐露しつつ、何か良い物無いですかと相談するんですが、やっぱりどれもこれもKDの耐変色性には敵わないようで、トライしては捨ての繰り返しです。

 一応ですね、まず何よりもアルミの変色が起きないというのが最優先ですという事は散々念押ししているつもりなのですが、そうやって選定して頂いたクーラントを試してみてやっぱり変色が起きてしまうと、「いや実は社内のテストでもそのような結果はありまして、こちらのクーラントの方がその点では良いので是非次はこちらを試してみて下さい...」と言ってくる訳です。


 お前最初から俺の言う事聞いて無かったのか?KDより劣る物なんて要らないんだよ!


 直接こんな事言えないので此処で愚痴ってみた次第。

タグ:クーラント

posted by antec at 19:58 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする