2018年05月22日

機械の精度管理

 来月からまたちらほら機械が入る予定。新しい機械が入ったらまたいつものように自分が色々とセットアップして担当者に引き渡す予定ですが、そろそろこういう作業も誰かしらに引き継いで貰わねばと思うんですが、機械の精度、パラメータ設定、マクロなど、小難しい事が多くてなかなか上手く教えられないのが悩みのタネ。

 そもそもGコードの所からまだ十分理解されてないし。

 セットアップする際には精度をどう維持管理していくかを念頭に置いて作業を行う訳ですが、つい半年程前に書いた記事の中で「5軸のマシニングセンタで精度管理する為には、主軸のゲージラインを基準にするのが一番良いと思っている」と書きましたが、本当の事を言うとうちでは実際にはゲージライン基準で運用していません。

 何故ならば、実際にはそう出来ないから。

 ではどの様にしているかというと、ずばり『基準工具方式』です。

 どれか適当な工具を基準工具として登録し、例えその工具の本当の長さが登録した数値と異なっていたとしてもそれは無視して、兎に角基準工具の長さありきで他を全て合わせるという方式です。

 そんなんで大丈夫なの?と思うけしょうけど、現実機械の中で自己完結させながら精度を維持管理する為にはそれしかやりようが無いんじゃないかと思って自分はそんな方式で運用しています。

 求める精度がサブミクロンとかで無ければ、この方式で十分目的は達成出来ます。

 もしサブミクロンの精度が必要となったらどうしたら良いでしょうか。自分はその世界に居ないので確信は持てませんが、恐らくそれを実現するにはテーブル基準でやるしか無いんじゃないかと思います。もう少し具体的に言うとJeyecore方式。

 ナノの世界になるとこれでも難しそうなので更に進んだ対応が必要になると思いますが、私にはちょっとそこまでは想像出来ません。

 Jeyecore方式を自分は勝手にテーブル基準と見做していますが、メーカーがそう捉えているかは謎です。自分が勝手にそう決めつけている理由としては、Jeyecoreの装置は普通テーブル側に取り付けるだろうという事と、工具長だけでなく主軸の回転中心まで捉えて補正するという所から、主軸を絶対的な基準として居ないと判断出来るからです。

 ゲージライン方式の欠点は主軸のゲージラインが変化した場合に、周りがそれに合わせる必要がある所です。基準工具方式も似たような所がありますが、相対的な変化量がゲージラインを基準にするよりかいくらか軽減出来るという所と、測定が容易という所がちょっと違います。

 世の中色んなやり方があると思いますが、いったいどれが正解なんでしょうね?

追記 2018.05.24

 上でJeyecore方式をテーブル基準と書きましたが、運用方法次第ではJeyecoreを使って基準工具基準にする事も勿論可能です。Jeyecoreは単なる道具の1つですからそれに拘る必要もありませんが、あれに類する物を使うとしたら、3軸のMCだとテーブル基準で運用するのが素直な感じがします。一方5軸の機械では軸構成によってはテーブル基準にするのが得策では無くなると思われるので、まぁその辺りは運用でカバーするしかないでしょう。

 機械に絶対的な基準は無いので、まずはあらゆる所が常に変位するという大前提に立って、その中で何処を基準にして他を合わせていくか、それが実務作業の中で実現出来るかを考えるのが運用技術かと思います。


posted by antec at 21:19 | Comment(0) | 工作機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

SUS303嫌い

 個人的には凄く下らない理由でSUS303が嫌い。何となく削ると安っぽく仕上がるから。

 その点SUS304の方があまり気にせず加工しても綺麗に仕上がるし、耐食性も303の様な心配は要らないし、材料の入手性だって良いし、どっちでも良いんなら素直に304にしとこうよって思う。

 あくまで個人の感想ですが。

 さて先日その嫌いなSUS303を加工していたのですが、SUS仕上げ用のインサートが殆ど在庫が無かったので、どうせなら何かかっこいい刃物買いたいなぁと思っていくつかカタログ見ていたのですが、CNGGでノーズR0.2くらいのキレっキレなやつってあんまり無いんですよね。そんな希少なラインナップの中で良さそうなのが京セラに有ったので買ってみました。

 これがなかなかに良い。仕上がり具合がとてもSUS303には見えない。

 これでちょっとは303嫌いも克服出来るかな?

 こいうシャープエッジなのは京セラかNTK、あとアプリテックってパターンが多いけど他に良いメーカーあるかな?

タグ:工具

posted by antec at 16:21 | Comment(2) | 旋盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

転ばぬ先の杖

 一昨日まで特におかしな所もなく動いていたのですが、今朝になって突然NCが起動しなくなってしまいました。

V33_BootError.jpg
この状態でフリーズ

 こうなってしまうと手に負えないのでFANUCさんのサービス窓口にお電話した所、やはりNCの基盤交換が必要でしょうという事で、部品交換の手配をしてもらいました。

 幸いFANUCさんの保守契約を結んでいるので、基盤絡みの部品交換は契約期間中何度でも無償でして頂けるそうです(モータやバッテリーなどの消耗品は対象外)。この辺のサービスは流石FANUC様。

 牧野さんから10年越えたら色々とトラブル出るから保守入りましょうというご案内を度々頂いていて、機械本体の保守は数年前から入りました。そして昨年からFANUCさんの保守にも入る事にしたのですが、それからこれで3回目の出動依頼になります。

 保守入っていなかったら修理費はかなりな額になっている筈ですがとても助かりました。

 同時期に保守結んだもう1台の方は全然お世話になっておりませんが、それを差し引いても保守入ってて良かったです。

 ただ近頃SRAMのバックアップを怠っていたので、そちらの復帰が必要になるとちょっと面倒な事になりそう。保守や機械のメンテだけでなく、データのバックアップもこまめに取っておかないと行けませんね。

追記 2018.03.24

 23日の午後にFANUCさんが来てくれて、10分程の作業で直して下さいました。CPU基盤とDRAM基盤の交換だけで済んだみたいで、データの方は無事でした。

 因みに自分の方ではSRAMのバックアップをここ数年取っていませんでしたが、今年の2月にサーボアンプの交換をお願いした際だかにFANUCさんの方でバックアップを取ってくれていたようで、最悪データが消し飛んでも2月の状態には復帰出来たようです。やっぱりプロの仕事は違いますね。

 そう言えば保守契約を結ぶ際に故障が無いことが加入条件となっているので実機の確認に来てくれたのですが、その時にもバックアップを取ってくれて居たような気がします。

 てな訳でFANUCの保守はかなりのお得感がありましたよというお話でした。

タグ:制御装置

posted by antec at 21:54 | Comment(0) | 工作機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする